自転車で旅する

mv theme img

島を旅する

mv theme img

仏像を楽しむ

mv theme img

電車で旅する

mv theme img

アニメ聖地を旅する

mv theme img

横丁を旅する

mv theme img

女子旅を楽しむ

mv theme img

茶文化に触れる

mv theme

動物と触れ合う

mv theme

オタク文化に触れる

mv theme

温泉と食を満喫する

mv theme

戦争や災害の記憶を辿る

mv theme

職人の技に触れる

mv theme

地元の商店街を巡る

mv theme

四季折々の花を観賞する

mv theme

自転車で旅する

自転車を使って日本を旅してみませんか?
自転車をうまく使いこなせば、より効率よく、爽快にスポットを巡ることができます。
自転車を使った旅の魅力を3つご紹介しましょう。

1つ目は、短時間でより多くの場所に行けることです。徒歩では回りきれない広い範囲でも、公共交通機関での移動が難しいエリアでも、自転車を使えばスムーズに移動することができます。

2つ目は、サイクリングの爽快感です。自転車で旅をすることで、様々な景色を眺めながら、日本の風を直接感じることができます。
絶景の海にかかる大きな橋を渡り、一面の田んぼに吹き抜ける風を感じながらのサイクリングは忘れられない日本の思い出になります。

3つ目は、あなたに合った自転車を選べることです。例えば日本では、電動アシスト自転車が各地で普及しています。少し力を入れるだけですいすい進むことができ、体力に自信がない人でも気軽に自転車の旅ができます。一方、体力に自信があれば、ロードバイクやクロスバイクを借りて、本格的なサイクリングを楽しむこともできます。

自転車に乗って、いつもと違う旅に出かけましょう。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語)

Japan Walker(繁体字)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

島を旅する

日本には約6,800もの島があります。それぞれの島は海に囲まれているので、本土とは違った文化や風土、そして際立った魅力にあふれていて、まるでテーマパーク。
今回は、特に魅力的な楽しみ方を5つご紹介します。あなたはどんな島に行ってみたいですか?
1つ目は「海の美しさを感じられる島」。海を眺める、または海水浴するといった楽しみ方だけでなく、中には小さな島々を巡る「島ホッピング」ができる地域もあります。他にも、小さな船で波しぶきを立てながら幾つも島を巡りまるで冒険者のように探検できる場所や、橋で繋がった島々をサイクリングできる場所もあります。
特にサイクリングツアーでは、海岸線沿いをゆったり漕いで波の音を聞き、橋を渡る時にキラキラ光る穏やかな海面を見て、島の展望台から島と海を360°見渡す、そんな絶景を思う存分楽しむ時間を過ごせます。

2つ目は「動物の島」。日本の各地に、「猫島」や「うさぎ島」などと呼ばれている小さな島があります。その名の通り、猫島には猫が、うさぎ島にはうさぎが島中のいたるところにいて、どこでも動物と触れ合うことができるんです。

3つ目は「アートの島」。島全体が美術館のようになっていて、現代アートがあちこちに展示されている島が日本には複数あります。最近では自分もアートの一部になって写真を撮ることができるということで、若い女性にも大人気です。

4つ目は「美食の島」。海に囲まれた小さな島には、その海ならではの特産品があります。他所ではなかなか手に入らない食材が安く食べられたり、珍しい食材を試してみたり、海があるからこそのご当地グルメは見逃せません。ぜひその島の名物をご賞味ください。

そして5つ目は「歴史ある島」。戦時中に海に浮かぶ要塞だった島や、敵に場所を知られない為に地図から消された島があります。島のあちこちに残されている大砲台跡や武器庫跡、そして朽ち果てて廃墟となった建物は歴史を深く考えるきっかけを与えてくれます。

こんなにたくさんある面白い島の魅力を知らずに旅行計画をたてるなんてもったいない!あなたの好きな島がきっと見つかります。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語)

Japan Walker(繁体字)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

仏像を楽しむ

「仏像」とはその名の通り「仏様の像」のこと。しかしその姿や、仏像が安置されているお寺は実に多様で、たくさんの楽しみ方があります。
今回は旅行のスタイルごとに、オススメの鑑賞方法を4つお伝えします。ただ見て拝むだけではもったいない、奥深い仏像の世界をご紹介します。仏像に注目したことがない方も、きっと仏像を見に行ってみたくなるはず!

「旅行中は忙しい日常から抜け出し、心を落ち着けたい」という方には、仏像とじっくりと向き合う楽しみ方がお勧めです。美術館で国宝の仏像を鑑賞するという方法もありますし、境内の広間に座って仏像と時間をかけて向き合うのも素敵です。穏やかにほほ笑む仏様のお顔を見ると、日頃の悩みや疲れを忘れることができますよ。

「旅行に来たからには、驚くような体験がしたい!」という方にお勧めなのは、大仏見学です。大仏と呼ばれるのは、4.8mを超える高さの仏像だけ。国内には数多くの大仏があり、中にはなんと100mの大仏もあります!その足元に立つと巨大さに圧倒され、息を飲むことでしょう。遠い昔から、多くの人々が訪れ、願いを捧げてきた大仏を見ると、その歴史の重みに胸が熱くなることでしょう。そしてさらに面白い大仏の楽しみ方は、大仏の中を探検すること!いくつかの大仏は中に入ったり、大仏の内側から景色を鑑賞することができるんです。

「旅行中はアクティビティを楽しみたい」という方には、お寺でできるさまざまな体験をご紹介します。例えば、何百もの仏像がずらりと並んでいるお寺では、自分の顔や会いたい人の顔を探してみましょう!
その他にも、仏様をかたどった紙を飲み込んでご利益を得る体験、仏像を磨いて自分の体を治す体験、地蔵を持ち上げて願いが叶うかを占う体験ができるお寺など、さまざまな仏像アクティビティができますよ!

「旅では人との出会いが何よりもの魅力」というあなたにオススメなのが、仏像を鑑賞しながらお寺の住職さんのお話を聞く体験です。その仏像がどんな意味や歴史をもち、私たちに何を与えてくれるのか。また、その恩恵を受けるためには、私たちはどんな心構えでいるべきなのか、お坊さんからお話を聞くことができます。お寺によってはまるで漫才パフォーマンスかのように、楽しく分かりやすく教えてくれるところもありますよ。

仏像を鑑賞して楽しむ、新たな旅。あなたはどんな楽しみ方をしたいですか?

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語)

Japan Walker(繁体字)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

電車で旅する

日本の鉄道は世界1位の輸送人員数を誇り、全国各地に路線が張り巡らされています。また、1分の遅れもなく定刻に出発すること、ラッシュアワーには200%近い乗車率になること、年々進化していくオリジナリティ溢れる車両など、世界でも類を見ない特徴もあります。
そんな日本旅行で欠かせない電車移動ですが、ただの移動手段と考えるのは日本初心者!観光のコンテンツとして、電車を楽しむ方法をご紹介しましょう。

まずは、鉄道に乗ることそのものを楽しむ方法をお教えしましょう。
①特徴のある電車や景色の良い場所を走る電車に乗り、車窓からしか味わえない絶景を楽しむ旅はいかがでしょう?例えば窓のない電車「トロッコ列車」では、開放感のある車窓から里山の自然あふれる美しい風景を見られるエリアもあります。

②電車を途中下車して、多くの駅と街を楽しむ方法もあります。地方で色々な駅を乗り降りするのももちろん楽しいですが、実は都会での途中下車の旅もオススメです!特に東京は、街ごとに雰囲気や特徴がガラリと変わり、数分の電車移動で驚きの変化が待っています。

次の2つは、鉄道そのものが大好きな方にお勧めな楽しみ方です。
③電車の仕組みに興味がある方!日本全国に約10ヶ所もある大きな鉄道テーマパークに行きましょう。そこでは鉄道の歴史から、旧式・新式車両の展示や、運転シュミレーターで車掌体験をすることもできます。小さなお子様から大人まで、電車好きが一日中ワクワクできるような場所で、鉄道博士を目指しましょう!

④格好良い電車の写真を撮って、素敵な思い出づくりをしたい人!例えばひっきりなしに行き交う電車を眺められるスポット、路面を走る地方の電車やモノレール、そして展望台から新幹線まで見られる場所もありますよ。

電車で旅するポイントは、疲れずに大人も子供も楽しめるということ。臆することなく、日本各地に飛び出しましょう!

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語)

Japan Walker(繁体字)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

アニメ聖地を旅する


日本を代表する文化、アニメ。
今、アニメに実際に登場した土地や場所「聖地」を巡る、「アニメツーリズム」が、新たな旅の仕方として人気を集めています!

実際に聖地を訪れたら何をするか?まず、作中のシーンそっくりの写真を撮りたいですよね!アニメ作品に登場するキャラクターになり切って、アニメのシーンと同じ構図を探してみましょう。
中には街がまるごとアニメ作品の舞台になっていて、まるで自分がアニメの中に入り込んだかのような、そして実際にアニメのキャラクターがそこにいるかのような雰囲気を存分に味わえます。

また日本のアニメは、日本人の日常生活を描いたものが多くあります。実際に聖地を訪れれば、その土地に暮らす人と話したり、生活を垣間見ることができるのも魅力です。例えば高校生が主人公のアニメなら、彼らが通った通学路や待ち合わせをした場所などを巡り、日本人の日常生活について知ることができるでしょう。

そして日本のアニメ聖地は、純粋に旅行をしても楽しい場所ばかり!地元の食、工芸、風景など、その土地の文化を思う存分楽しみましょう。自分もアニメのワンシーンを演じているかのような気分になることができます。

アニメ聖地には、そこでしか入手できないグッズやスタンプがあるのも特徴です。見つけたら見逃さずにゲットしましょう!
また、ファンが書き込みをしているノートがあれば是非見ていってください!世界中から集まったファンの熱狂的なコメントに、圧倒されること間違いなし。何十冊も積み重なったノートに、自分でもコメントを書き込めば、あなたも何万人目かのファンの仲間入りです。

さあ、魅力がたくさん詰まったアニメ聖地に出かけましょう!"

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語)

Japan Walker(繁体字)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

横丁を旅する

飲食店がひしめきあう「横丁」。昔ながらの風情が味わえることから価値が再び認められ、今日本でブームとなっているんです。横丁に行って、日本ならではの食べ物やお酒、そして地元の人との会話を楽しみませんか? 日本全国に一番多い横丁は、昔からある小さな居酒屋が立ち並ぶ、ハシゴ酒ができる横丁です。昼間はひっそりとした人通りの少ない路地が、日が暮れると徐々に明かりが灯りはじめ、にわかに活気付くのです。 カウンターに数席しかない小さなお店では店主とお客さんの距離が近いのが特徴。昔からその町に住む店主や常連さんからは、その街の歴史だけでなく、秘密の観光スポットを聞けるかもしれません。また、小さなお店で出しているメニューは地方の名物品も多く、チェーン店にはない変わり種商品を食べられます。一期一会の出会いを求めて、店の扉を開けてみてください。 さらに、夕方から賑やかになる居酒屋街の横丁は写真スポットとしても魅力あり。赤ちょうちんに店内の黄色い明かりが立ち並ぶ中に分け入れば、まるで異空間にトリップしたような気分になります。歩くだけでも気分が盛り上がってしまうこと間違いなし。 こんな横丁は、東京では新宿の「思い出横丁」「ゴールデン街」、渋谷の「のんべい横丁」、吉祥寺の「ハーモニカ横丁」が有名で、その他にも全国の様々な場所にあります。 そして、飲屋街以外にも「横丁」はあります。子供向けの駄菓子店やスイーツ店が立ち並ぶ、食べ歩きにぴったりの横丁です。ここは昼間に賑やかになる横丁で、お子様連れのファミリーにも大人気のエリアです。日本ならではの小さなお菓子や、その土地の名産を使ったスイーツをご賞味ください。 例えば埼玉県川越市にある「菓子屋横丁」では1m以上もあるふ菓子や、自分で吹いて作る飴など、お菓子をテーマにした珍しい体験ができます。 最後、ショッピングに特化した横丁もご紹介しましょう。まるで露店が立ち並ぶかのように店舗がひしめきあい、ズラリと陳列された商品はどれも安いものばかり。掘り出し物を見つけたり値段交渉をして、良いものを安く手に入れちゃいましょう!東京上野にある「アメ横(アメヤ横丁)」では問屋から直接購入もでき、人々が押し寄せています。 あなたはどの横丁に行ってみたいですか?日本ならではの横丁では、食事やショッピングができ、そしてなによりその土地の人があなたを待っています!

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語のみ)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

女子旅を楽しむ

女性に人気のスポットを巡る「女子旅」を計画しているあなた!どこで何をするか決まりましたか?一言で女子旅といっても、興味は人それぞれ。様々な女子旅の中から、あなたにぴったりの女子旅スタイルを見つけて下さい! まずはじめに、「とにかく可愛いもの!ハート型・パステルカラー大好き❤︎」という人は、可愛い雑貨店が集うエリアに行きましょう。お姫様をコンセプトにした店内ではメルヘン気分に浸れ、写真映えするウォールアートの撮影もできます。歩いているだけでも常にカメラを撮りたくなってしまうかも!?特に若者の街として有名なのは、東京の原宿エリア、大阪のアメリカ村・堀江エリアがあります。 次に外せないのは、「見た目も惹かれる、美味しいものをい〜っぱい食べたい❤︎」という欲求ですよね♪女性ならではの旅の中で食事を楽しむならば、着物で風情ある町並みを歩きながら、可愛くて美味しいものを食べ歩く旅はいかがでしょうか?例えば岐阜県の犬山では、国宝犬山城までの風情ある道のりで、可愛いミニ手まり寿司や、片手で持てるピンクの餡子の和菓子などをいただけます。見た目も可愛くて日本らしい食事を手軽に沢山食べられるなんて…!食べ過ぎには注意ですね! 日本らしさを体験するプランとして、中でもオススメなのは「日本古来の女子向けスポット」に出かけてみるのことです。例えば京都には、可愛いうさぎ型のおみくじがある神社や、美容水が湧き出ている神社、美しくなる願掛けをする神社などがあります。自分の化粧品を使って絵馬を完成させる体験はここにしかありませんよ!美の神様をお参りする旅は、自国に帰ってもきっと自慢できること間違いなし! そして、ちょっと大人な女子旅も忘れてはいけません。「日本らしい風情のある場所でゆったり優雅な時を過ごしたい!」とお考えの、大人な女性に向けた女子旅スタイルも良いですね。例えば、宮城県仙台にある寺社仏閣などのパワースポットを巡って運気を高めるプランや、広島県尾道で海と山に囲まれた絶景を楽しみながら美味しいデザートを食べるプランなどがオススメです。日本全国にある、美味しい・綺麗・気分が上がるスポットを堪能しましょう! 最後にご紹介するのは、今までにあまりなかった、「美に関するスポットで自分を磨き上げる」という異色プランです。プロにヘアメイク・ネイルを仕上げてもらい、素敵なスタジオで思い出の写真を撮るなんてことや、最新美容器具を試し、オーガニック食品を購入するなど、「美」を意識する人が集まるスポット巡りはいかがでしょうか。東京の銀座エリアや渋谷エリアがオススメです。 女性の気持ちを持った人なら誰でもウキウキ・ワクワクしちゃうスポットばかりを詰め込みました!笑顔が絶えない女子旅をお楽しみ下さい♪

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語のみ)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

茶文化に触れる

日本の「茶文化」は、健康志向や禅の精神の広がりから、今世界から関心が寄せられています。奥深い「茶文化」の世界を覗く旅をしてみませんか? 日本で「茶」というと、大きく「日本茶」と「抹茶」に分けられます。「日本茶」は緑茶やほうじ茶、煎茶など、日本人が日常的に飲むお茶全般を指し、コンビニや自販機で購入できるものから、茶葉から淹れる香り豊かなお茶まで様々です。日本茶の産地では、日本茶を特別に楽しむ体験が出来ます!例えばお茶を料理に使った食事や、お茶の飲み比べ、またお茶の博物館などを見学するなど、日本茶の魅力を知ることができます。独特の味わいにファンになる旅行者も多いんですよ。 お茶が日常的なものである一方、「抹茶」は非日常を感じることができるものです。客人を家に招いてお抹茶を点ててもてなす「茶会」は、食事・茶道具・活け花などの日本の伝統文化が詰まっているんです。その魅力の一部を全国各地で体験することができます。 まずは手軽に、お抹茶を実際に味わってみましょう!ただ抹茶を味わうだけでなく、庭の日本庭園を鑑賞しながら味わう、着物を着て味わう、はたまた自分で点てて味わうなど、幾つもの楽しみ方があります。中にはお寺の中や、実際に茶会で使われる茶室で抹茶を味わえることもあります。場所によって雰囲気はガラリと変わってきますよ! 次は抹茶そのものではなく、抹茶味の食事やデザートを楽しむ方法をご紹介します。粉の状態の抹茶は何にでも入れることができるため、抹茶味のアイス、ケーキ、和菓子など、ありとあらゆるデザートに変身します。特に抹茶の産地に行くと、驚くほど沢山の食べ物・飲み物が抹茶フレーバーになっており、驚くこと間違いなし。デザートだけでなく、蕎麦やたこ焼き、カレーまで抹茶味になっています! 最後は抹茶を飲むのではなく、「茶室」に関するものを鑑賞する楽しみ方を紹介します。茶室で使われるものは「茶道具」と呼ばれ、土地と同等の意味を持つほど価値の高いものでした。その為、昔の茶道具を美術館や博物館で芸術品として鑑賞することができるのです。茶道具のみならず、実際の茶室に入ることができる場所もあります。その狭い一室に入ると思わず背筋を伸ばしてしまうような、清らかで心地の良い空気が流れていますよ。美しい伝統の品や心地の良い空間に興味のある人にはオススメの体験です。 いかがでしたか?「茶」と言っても、様々な旅の種類があることがお分りいただけたのではないでしょうか。「茶」は日常のものでありながら、豊かな時を過ごす究極の贅沢でもあります。そんな茶の世界に一歩踏み出してみてください。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語のみ)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

動物と触れ合う

動物が見られる観光スポットといえば「動物園」ですが、檻の外から見るだけではない「動物」と触れ合える方法をご紹介します。動物が大好きな皆さん、必見ですよ! まずは屋内で飼育されている動物達と触れ合える場所です。日本ならではのキラースポットとして今大注目なのが、様々な種類の「動物カフェ」です。猫カフェは店内に猫が沢山!他にも犬カフェ、うさぎカフェや、ヤギ、小鳥、フクロウ、またハリネズミ、爬虫類など、驚くほど沢山の動物カフェがあります。それぞれの店内には、世界中から集められた様々な種類の動物がおり、普段は見ることができない動物に触れることができます。好きな動物がいれば、ぜひ足を運んでみて! 特に東京や大阪などの都市には、珍しい動物を集めたカフェが多くあります。一方地方の牧場では、ヤギやヒツジなど飼育されている動物と直接触れ合えます。酪農体験ができる場所もあるので、家族やカップルで訪れたら思い出に残ること間違いなし。 続いて紹介するのは、飼育されていない野生の動物と触れ合えるエリアです。特に、知る人ぞ知る人気スポットとなっているのが動物だらけの島「アニマルアイランド」です。島の人口より動物の数が多い「猫島(福岡県・相島)」や「うさぎ島(広島県・大久野島)」などと呼ばれる島は、船で島に降り立った途端、可愛い動物がお出迎えしてくれます。何十匹もの猫やうさぎに囲まれる体験、してみませんか? また、有名な観光地で動物と出会うこともあります。奈良県の奈良公園や広島県の宮島は、歴史的な神社仏閣に参拝できる場所ですが、野生の鹿が生息しており間近で見ることができます。他にも美しい竹林で有名な京都の嵐山では、山の上に生息する野生の日本猿への餌やりができます。観光と一緒に動物も見たいという欲張りな方にオススメです。 自分の好きな動物に囲まれて、実際に触れて餌をやることもできる体験は、まさに夢のような体験と言えるでしょう!フワフワもふもふ、もしくはチクチク、ツルツル!?今までにない動物との出会いの旅をしてみませんか?

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語のみ)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

オタク文化に触れる

「オタク」は日本のアニメや漫画、ゲームが好きな人という意味でよく知られています。しかし、そもそも何かに熱中している人のことを「◯◯オタク」と呼ぶ日本では、アニメ・ゲームだけではない様々なオタク体験ができることを知っていますか?誰もが楽しめる人気スポットから、ちょっとマニアックな楽しみ方まで、オタク要素満載の日本の旅をご紹介します! 1つめはオタクの街全体を楽しむ方法です。有名な観光地として知られている秋葉原などのエリアを町歩ききしましょう。街を歩くと周りにはオタク向けショップが立ち並んでおり、デジタルな街並みを楽しむことができます。食べ歩きやおもちゃ購入もでき、子供から大人まで楽しめるエンターテイメントの町です。秋葉原の他にも、東京の中野では、ミリタリーオタクや人形オタクなど、様々なジャンルのオタク達を満足させる個人商店が立ち並ぶエリアがあります。 2つめは、アニメや映画の舞台となった場所を巡る「聖地巡礼」の旅です。アニメ作品の舞台となった場所を自分の目で見に行くことができますよ。自分の好きなキャラクターがいた場所で、アニメシーンを再現した写真を撮るのも聖地巡礼の楽しみの1つです。 3つめの楽しみ方は、エンターテイメント体験です。ゲームセンターでは最新機種やレトロゲーム、VRにUFOキャッチャーなど、家ではできない様々なゲームが体験ができます。その他にも、メイドカフェやアイドルカフェで素敵な人と話す体験や、好きなキャラクターになりきるコスプレ体験もオススメです。 2次元から3次元まで、オタク文化発祥の地である日本でしか体験できないディープな世界を体験してみましょう。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語のみ)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

温泉と食を満喫する

ユネスコ無形文化遺産の「和食」を楽しみ、日本が誇るお風呂文化の「温泉」で癒される、五感をフルに使った極上の旅ご紹介します。 まずはガストロノミーツーリズムのご紹介です。あまり聞きなれない「ガストロノミー」の意味は、美味しい食事を味わうことに加え、その土地の食材・文化・歴史を知るという意味が含まれます。ここで紹介するのは、そんな「食べる」だけではない「食」の楽しみ方です。 例えば食材は、その土地の地形・気候・海流などによって特産物が大きく異なります。大陸から見ると小さな島国の日本ですが、南北に長いため寒暖の差があること、国土の7割が山地であること、4つの海流に囲まれているという特徴があるため、全国各地で様々な特産物が収穫・漁獲されます。実際に食材がとれる農地や牧場、港に訪れ、なぜその土地で獲れた食材が美味しいのかを知りましょう。 また、食材をどのように調理するかは、食文化や歴史に深い関連があります。その土地にしかない郷土料理専門店で、歴史を知りながら食を堪能するのも興味深いですよ。 そして、ガストロノミーと合わせて体験すると良いのが「温泉」です。観光をして歩き回り、お腹もいっぱいになった後に、温泉に入って癒されましょう。 世界有数の温泉大国である日本は、全ての県に温泉があり、温泉地の数は3,000以上、源泉の数は2万以上にのぼります。それぞれの温泉では、温泉に入るだけでない楽しみ方もあります。 例えば温泉が密集している「温泉街」では、街中に温泉が流れ、湯けむりが立ち昇ります。古い温泉宿が連なるノスタルジックな街並みを歩くことができます。 また、露天風呂温泉で景色を楽しむのも最高の贅沢です。見渡す限りの大海原や、谷間に流れる川や滝、四季折々の色が広がる山々を見ることができます。日頃の疲れが瞬く間に消え、リラックスできること間違いなしです。 いかがですか?その土地の食文化と温泉を楽しむ旅、それが「温泉ガストロノミー」です。日本に来る際には、ぜひどちらもセットで楽しんでみてください。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語のみ)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2 theme img 3

戦争や災害の記憶を辿る

「ピースツーリズム」とは、一般的には「ダークツーリズム」と言われる、戦争跡地や災害跡地を巡る観光です。ただし、ダークツーリズムは悲惨な現場そのものを見ることに意味があるのに対し、ここで紹介するピースツーリズムは、戦後の平和への歩みや災害後の復興の様子にフォーカスします。辛い過去があっても未来に向かって進み続ける人々の姿を目の当たりにした時、あなたは何を感じるでしょうか? ピースツーリズムには大きく分けて2つの種類があります。 1つ目は人類史における負の遺産を訪れる旅です。戦争によって被害を受けた場所や、軍事施設などを訪れます。現地を訪れると、当時の悲惨な状況を思い知らされるとともに、人々の平和への強い想いを感じることができます。 2つ目は自然災害による被災地を訪れる旅です。日本は地震や台風などの自然災害が多く、被災地では多くの人々の生活が奪われてきました。人々はそんな状態から被災前の状態に戻す「復旧」をするのではなく、以前より更に栄える街に「復興」することを目指しており、生きる力強さを教えてもらえます。 ピースツーリズムは、できれば避けて通りたい「人の死」を身近に感じることで多くの学びを得られる旅のスタイルです。命の大切さを知ることは、これからのあなたの人生をより豊かにしてくれるかもしれません。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英語のみ)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

職人の技に触れる

近年海外で大きな注目を集めているのが、日本の職人技です。長い年月をかけて習得した熟練の技によって生み出される食や工芸品は、人々の生活を支えていました。機械産業の発展に伴い日常のシーンで見かけることは少なくなりましたが、長く愛され続ける本当に良いものとしての価値が見出されています。日本には、そんな職人の技を見て・買って・食べて・体験することができるようなスポットがいくつもあります。職人の世界を垣間見る4つの旅行スタイルをご紹介します。 1つ目のオススメポイントは「見る」ことです。伝統工芸品が展示されているスポットでは、何十年、何百年も昔の職人の作品を鑑賞できます。精巧緻密な作品には感嘆せざるを得ません。また、職人が作業している手元を間近で見るという楽しみ方もあります。職人の黙々と一人で作業を行う様子と、その真剣な眼差し、美しい手さばきに見惚れましょう。 2つ目のポイントは「買う」ことです。職人技のものを買うのであれば、伝統工芸品の購入がオススメです。伝統工芸品は地域ならではの材料や気候、歴史などによって生み出されており、土地ごとに様々な種類があります。手軽に買える日常品から、一生物とも言われる良いものまで購入可能です。特にあなたが日本で購入したいものがある場合には、ぜひその名産地へ足を運び、職人と話をしながら購入しましょう。思い入れの深い、本当に欲しかった一品が見つかるはずです。 3つ目のポイントは「食べる」ことです。職人技によって作り出される食事の代表例としては寿司があり、日本全国で味わうことができます。また、寿司と一緒に飲むことが多い日本酒も、職人の勘や技術が欠かせない品物の一つです。酒蔵を見学することによって、日本酒造りについて学ぶことができ、さらにその蔵で作られた日本酒の味比べもできます。 最後のポイントは、実際に自分で職人技を「体験」することです。体験型観光スポットでは、職人が行う制作過程を体験することができ、自分で作った作品を持ち帰ることができます。世界に一つしかない自分だけの作品は、日本の旅の思い出が詰まった素敵なお土産になることでしょう。また、職人の技がいかに優れているかがわかり、製品の価値を身を以て知ることもできます。例えば、手すき和紙づくりや、人形や陶器への絵付け、藍染など、各地には様々な体験ができるスポットがあります。 このように、職人に関する旅には幾つもの楽しみ方があります。匠の技術に触れて、日本のものづくりを知る旅に出かけませんか?そこにはきっと今まで見たこと、感じたことのない感動が待っているはずです。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英文)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

地元の商店街を巡る

商店街に行く目的は買い物だけだと思っていませんか?日本各地にある商店街に行けば、日本人と出会い、日本の衣・食・住を知り、歴史や文化を感じるとっておきの体験があなたを待っています。 商店街とは、道を挟んで幾つもの小店舗が立ち並ぶ、食品や日用雑貨など生活必需品がなんでも揃う場所です。数十年前までは日本人の生活は商店街を中心に成り立っていました。しかし現代は大型ショッピングモールが出現したことにより、地方部の多くの商店街は昔の活気を失ってきています。一方でこのような時代背景がありつつも、現在でも毎日多くの人で溢れている商店街があるんです!いったいどんな商店街が今注目を集めているのか、大きく3つの魅力に分けてお伝えします。 まず1つ目の魅力は食を楽しめるところです。例えば、海の近くには新鮮な魚介専門店が立ち並ぶ商店街があり、購入した魚介を食べ歩きながら、魚市場のような雰囲気を楽しめます。また、数十年前の店舗がそのまま残っている商店街では、何世代にも渡って受け継がれてきた昔ながらの味を堪能することができます。古い街の様子はまるで時代をさかのぼって昔の日本を体験しているかのような気分を味分えます。 他にも、居酒屋ばかりが立ち並ぶ商店街もあります。こういった商店街は昼間はひっそりとしていますが、日が落ちるとにわかに店の明かりがつき始め、食事を楽しむ人たちの賑やかな声が響きます。 さらに、キッチン用品専門店が立ち並ぶという珍しい商店街もありますよ。和食器や包丁を買い求めに海外からのお客様もたくさんきています。 2つ目の魅力は小店舗ならではのちょっと変わった専門店があるところです。例えば、若者が集まる商店街には流行りの洋服や雑貨がたくさん集まり、年配の方が集まる商店街には年代に合わせた店舗が立ち並びます。また、趣味に特化した商店街もあります。アニメやゲーム好きのオタク向けの専門店が立ち並ぶエリアもあり、同じ商店街といってもそれぞれの街の様子はまるで異なります。 3つ目の魅力は日本各地のその土地ならではの名産品や特産品があるところです。名所の近くにあることが多く、訪れた人が記念にお土産を買い求めます。大きな神社の参道沿いにある商店街もその一つで、お目当のスポットに行くまでの道中、あなたの気分をずっと盛り上げてくれます。 商店街には日本人の生活そのものが現れています。街と人の奥深さは行ってみないとわかりません。想像以上の日本の面白さを発見しに、商店街に出かけましょう。

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英文)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

四季折々の花を観賞する

春夏秋冬の四季が明確にある日本では、四季折々の花を一年中観賞することができます。普段は緑の葉が生い茂っている場所でも、開花時期になると辺り一面が花で埋め尽くされ、見事な景色が広がります。満開の花が美しく咲き続けていられるのは、一年のうちに数週間、長くても1〜2ヶ月です。その場所にしかない絶景を見ることを目的に観光エリアを選んでみるのも素敵ですよ!花の名所が全国には幾つもあるので、春から順番にどんな花が鑑賞できるのか、代表的な花々をご紹介しましょう。 【春 3〜5月】 寒い冬の間に眠っていた草花が、暖かさの訪れとともに一斉に芽吹くのが春です。春といえば、4月頃に咲く桜を鑑賞する「花見」が有名です。花見の意味には、桜の下で飲んで食べて楽しく過ごすという行為も含まれており、これは日本人の昔からの習慣です。花見は漢字では「花を見る」と書きますが、桜を見ることだけを特別に花見と言うところにも、日本人の桜好きがうかがえます。 桜が散った後には、4〜5月にかけてチューリップ、藤、つつじ、ネモフィラ、芝桜、バラなど、沢山の花たちが全国で咲き乱れるように開花していきます。それぞれの花畑に行けば、何千、何万本もの花を観賞できます。花々はまるで美しい縦覧のように眼下に広がり、きっとあなたの心を満たしてくれることでしょう。 【夏 6〜8月】 春が過ぎ去ると、日本には梅雨が訪れます。6〜7月にかけて雨が降る日が増える時期です。観光する時に雨は降って欲しくないものですが、この時期には紫陽花が咲きます。雨に濡れる紫陽花を見ながら静かな時間を過ごすのも優雅なひと時です。 7〜8月にかけて夏が訪れると、ひまわりが満開になります。太陽に向かってぐんぐんと背を伸ばし、人の背丈ほどもあるひまわり畑に迷い込めば、まるで絵画や映画の中に入ったかのような気分になれます。 【秋 9〜11月】 秋になると9〜10月にかけてはコスモスが、10〜11月にかけてはバラが咲き、11月になるともみじやイチョウの葉の紅葉(こうよう)を楽しむことができます。もみじやイチョウは庭や公園などにもたくさん植えられており、花畑に行かなくても道端を歩きながら鑑賞することができます。黄や赤に染まった木々と落ち葉は、自然の色の美しさによる感動と共に冬の訪れを伝えてくれます。 【冬 12〜2月】 寒い冬の時期になると、木々の葉は落ち、花の種類も少なくなります。寒さを凌ぎ次の命へつなぐため、枝だけがじっと春の訪れを待つのです。そして1〜2月にかけて、ようやく梅の蕾が開花し始めます。2月になり早咲きの桜や、菜の花が咲き始めると、枝と葉しかなかった草花に少しづつ色が見え始め、少しづつ春の陽気が感じられるようになります。 こうして四季は巡り、日本では1年を通して様々な花の観賞を楽しめます。好きな花を見つけて、開花時期をめがけて花畑を訪れてみてはいかがでしょうか?

このテーマに関する記事

Japan Web Magazine(英文)

Japan Walker(繁体字のみ)

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1 theme img 2

テーマ一覧

Unique Experience Japanは、独自のツアー体験を提供するツアーオペレーターと旅行に関する深い知見を持つメディアの、業種を超えたコラボレーションにより実現したプロジェクトです。

私たちは、旅行者の皆様に、一生の思い出となるユニークな日本体験を届けたいと本気で考えています。そのために、日本の旅をこれまでにない視点で捉え、旅のテーマという形で旅行者の皆様に情報発信するとともに、それらのテーマに沿って日本を楽しむことができるツアープランを紹介しています。

日本は魅力的な場所や体験が各地に存在しています。また、同じ場所でも訪れるタイミングや捉え方を変えることで、まったく異なる体験をすることができます。
しかしながら、その多くは未だ旅行者には十分に認知されておらず、旅行者の多くは定番の観光地だけを訪れて旅を終えるのが実情です。
私たちは、まだ知られていない日本という国が持つ素晴らしい多様性を、旅行者の皆様自身で感じて頂きたいと思っています。

私たちの活動が、旅行者の皆様の旅を豊かにする一助になれば幸いです。

参加企業