仏像を楽しむ

mv theme
テーマ一覧

仏像を楽しむ

「仏像」とはその名の通り「仏様の像」のこと。しかしその姿や、仏像が安置されているお寺は実に多様で、たくさんの楽しみ方があります。 今回は旅行のスタイルごとに、オススメの鑑賞方法を4つお伝えします。ただ見て拝むだけではもったいない、奥深い仏像の世界をご紹介します。仏像に注目したことがない方も、きっと仏像を見に行ってみたくなるはず! 「旅行中は忙しい日常から抜け出し、心を落ち着けたい」という方には、仏像とじっくりと向き合う楽しみ方がお勧めです。美術館で国宝の仏像を鑑賞するという方法もありますし、境内の広間に座って仏像と時間をかけて向き合うのも素敵です。穏やかにほほ笑む仏様のお顔を見ると、日頃の悩みや疲れを忘れることができますよ。 「旅行に来たからには、驚くような体験がしたい!」という方にお勧めなのは、大仏見学です。大仏と呼ばれるのは、4.8mを超える高さの仏像だけ。国内には数多くの大仏があり、中にはなんと100mの大仏もあります!その足元に立つと巨大さに圧倒され、息を飲むことでしょう。遠い昔から、多くの人々が訪れ、願いを捧げてきた大仏を見ると、その歴史の重みに胸が熱くなることでしょう。そしてさらに面白い大仏の楽しみ方は、大仏の中を探検すること!いくつかの大仏は中に入ったり、大仏の内側から景色を鑑賞することができるんです。 「旅行中はアクティビティを楽しみたい」という方には、お寺でできるさまざまな体験をご紹介します。例えば、何百もの仏像がずらりと並んでいるお寺では、自分の顔や会いたい人の顔を探してみましょう! その他にも、仏様をかたどった紙を飲み込んでご利益を得る体験、仏像を磨いて自分の体を治す体験、地蔵を持ち上げて願いが叶うかを占う体験ができるお寺など、さまざまな仏像アクティビティができますよ! 「旅では人との出会いが何よりもの魅力」というあなたにオススメなのが、仏像を鑑賞しながらお寺の住職さんのお話を聞く体験です。その仏像がどんな意味や歴史をもち、私たちに何を与えてくれるのか。また、その恩恵を受けるためには、私たちはどんな心構えでいるべきなのか、お坊さんからお話を聞くことができます。お寺によってはまるで漫才パフォーマンスかのように、楽しく分かりやすく教えてくれるところもありますよ。 仏像を鑑賞して楽しむ、新たな旅。あなたはどんな楽しみ方をしたいですか?

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1theme img 2

Unique Experience Japanは、独自のツアー体験を提供するツアーオペレーターと旅行に関する深い知見を持つメディアの、業種を超えたコラボレーションにより実現したプロジェクトです。 私たちは、旅行者の皆様に一生の思い出となる、ユニークな日本体験を届けたいと本気で考えています。そのために、日本の旅をこれまでにない視点で捉え、旅のテーマという形で旅行者の皆様に情報発信するとともに、それらのテーマに沿って日本を楽しむことができるツアープランを紹介しています。 日本は魅力的な場所や体験が各地に存在しています。また、同じ場所でも訪れるタイミングや捉え方を変えることで、まったく異なる体験をすることができます。 しかしながら、その多くは未だ旅行者には十分に認知されておらず、旅行者の多くは定番の観光地だけを訪れて旅を終えるのが実情です。 私たちは、まだ知られていない日本という国が持つ素晴らしい多様性を、旅行者の皆様自身で感じて頂きたいと思っています。 私たちの活動が、旅行者の皆様の旅を豊かにする一助になれば幸いです。

参加企業

  • otomo株式会社

    otomoは、海外から日本を訪れる旅行者に対して日本各地のツアープランとガイドをご紹介するプライベートツアーサービスです。日本各地の特色を引き出すユニークなツアーを通じて、旅行者の“Travel Experience(旅行体験)”を豊かなものにすることを目指しています。ガイドがいるからこそできる、忘れられない日本での旅行体験をお届けします。

  • 株式会社インバウンドプラットフォーム

    台湾で最も人気の日本旅行専門誌です。KADOKAWAの「ウォーカーシリーズ」の一つで、毎月、台湾人編集者が、独自目線で日本の最新情報を切り取り紹介しています。台湾の旅客に新しく、実用的、多元的な日本旅を提案します。雑誌のほか、ウェブサイト、SNS、動画などの展開も行っています。

  • Walker Media(KADOKAWA Group)

    台湾で最も人気の日本旅行専門誌です。KADOKAWAの「ウォーカーシリーズ」の一つで、毎月、台湾人編集者が、独自目線で日本の最新情報を切り取り紹介しています。台湾の旅客に新しく、実用的、多元的な日本旅を提案します。雑誌のほか、ウェブサイト、SNS、動画などの展開も行っています。