横丁を旅する

mv theme
テーマ一覧

横丁を旅する

飲食店がひしめきあう「横丁」。昔ながらの風情が味わえることから価値が再び認められ、今日本でブームとなっているんです。横丁に行って、日本ならではの食べ物やお酒、そして地元の人との会話を楽しみませんか? 日本全国に一番多い横丁は、昔からある小さな居酒屋が立ち並ぶ、ハシゴ酒ができる横丁です。昼間はひっそりとした人通りの少ない路地が、日が暮れると徐々に明かりが灯りはじめ、にわかに活気付くのです。 カウンターに数席しかない小さなお店では店主とお客さんの距離が近いのが特徴。昔からその町に住む店主や常連さんからは、その街の歴史だけでなく、秘密の観光スポットを聞けるかもしれません。また、小さなお店で出しているメニューは地方の名物品も多く、チェーン店にはない変わり種商品を食べられます。一期一会の出会いを求めて、店の扉を開けてみてください。 さらに、夕方から賑やかになる居酒屋街の横丁は写真スポットとしても魅力あり。赤ちょうちんに店内の黄色い明かりが立ち並ぶ中に分け入れば、まるで異空間にトリップしたような気分になります。歩くだけでも気分が盛り上がってしまうこと間違いなし。 こんな横丁は、東京では新宿の「思い出横丁」「ゴールデン街」、渋谷の「のんべい横丁」、吉祥寺の「ハーモニカ横丁」が有名で、その他にも全国の様々な場所にあります。 そして、飲屋街以外にも「横丁」はあります。子供向けの駄菓子店やスイーツ店が立ち並ぶ、食べ歩きにぴったりの横丁です。ここは昼間に賑やかになる横丁で、お子様連れのファミリーにも大人気のエリアです。日本ならではの小さなお菓子や、その土地の名産を使ったスイーツをご賞味ください。 例えば埼玉県川越市にある「菓子屋横丁」では1m以上もあるふ菓子や、自分で吹いて作る飴など、お菓子をテーマにした珍しい体験ができます。 最後、ショッピングに特化した横丁もご紹介しましょう。まるで露店が立ち並ぶかのように店舗がひしめきあい、ズラリと陳列された商品はどれも安いものばかり。掘り出し物を見つけたり値段交渉をして、良いものを安く手に入れちゃいましょう!東京上野にある「アメ横(アメヤ横丁)」では問屋から直接購入もでき、人々が押し寄せています。 あなたはどの横丁に行ってみたいですか?日本ならではの横丁では、食事やショッピングができ、そしてなによりその土地の人があなたを待っています!

このテーマに関するツアーを探す
theme img 1theme img 2

Unique Experience Japanは、独自のツアー体験を提供するツアーオペレーターと旅行に関する深い知見を持つメディアの、業種を超えたコラボレーションにより実現したプロジェクトです。 私たちは、旅行者の皆様に一生の思い出となる、ユニークな日本体験を届けたいと本気で考えています。そのために、日本の旅をこれまでにない視点で捉え、旅のテーマという形で旅行者の皆様に情報発信するとともに、それらのテーマに沿って日本を楽しむことができるツアープランを紹介しています。 日本は魅力的な場所や体験が各地に存在しています。また、同じ場所でも訪れるタイミングや捉え方を変えることで、まったく異なる体験をすることができます。 しかしながら、その多くは未だ旅行者には十分に認知されておらず、旅行者の多くは定番の観光地だけを訪れて旅を終えるのが実情です。 私たちは、まだ知られていない日本という国が持つ素晴らしい多様性を、旅行者の皆様自身で感じて頂きたいと思っています。 私たちの活動が、旅行者の皆様の旅を豊かにする一助になれば幸いです。

参加企業

  • otomo株式会社

    otomoは、海外から日本を訪れる旅行者に対して日本各地のツアープランとガイドをご紹介するプライベートツアーサービスです。日本各地の特色を引き出すユニークなツアーを通じて、旅行者の“Travel Experience(旅行体験)”を豊かなものにすることを目指しています。ガイドがいるからこそできる、忘れられない日本での旅行体験をお届けします。

  • 株式会社インバウンドプラットフォーム

    旅マエから旅ナカ、そして旅アトでも日本に注目させ続けられるよう旬な日本をお届けするJapan Web Magazineの運営を行っております。 外国人に人気な地域キーワード検索での上位表示、そしてアクティビティの圧倒的な販売力を誇る当メディアは、情報の一方通行ではなく、ユーザー、そしてクライアント様の目線を大切にしつつ私たちの思う日本の素晴らしさを発信していきます。

  • Walker Media(KADOKAWA Group)

    台湾で最も人気の日本旅行専門誌です。KADOKAWAの「ウォーカーシリーズ」の一つで、毎月、台湾人編集者が、独自目線で日本の最新情報を切り取り紹介しています。台湾の旅客に新しく、実用的、多元的な日本旅を提案します。雑誌のほか、ウェブサイト、SNS、動画などの展開も行っています。