日本人のふるさとがここにある!和製ハリウッド柴又の旅

Review
stars
0.0/5.0

昭和の有名な日本映画の舞台を余すところなくご紹介します!

東京都心から少し離れた場所にある「柴又」という場所を知っていますか?今から50年前の日本の風景がそのまま残されていて、映画の舞台によく使われる場所なのです。それぞれのスポットに行くと、日本映画やドラマの世界に迷い込んだような体験ができますよ!
柴又が有名になったのは今から50年前、国民的映画「男はつらいよ」の舞台となってからです。それからというもの、懐かしい日本の風景を求めて多くの人が訪れる町です。
柴又では、大きな寺院に続く商店街で食べ歩きができ、江戸時代から続く手漕ぎの船に乗って川も渡れます。また日本庭園ランキング全国3位の隠れた名所でお抹茶も頂けます。
こじんまりとした町でリラックスした時間を過ごせます。何度でも来て、何時間でも過ごしていたくなること、間違いなしです♪

JPY 15,340〜 | 5.0h

見どころ
・風情ある参道の商店街で名物を食べ歩きすることができます。
・都内唯一の手漕ぎの渡し船、「矢切の渡し」に乗船することができます。
・和洋折衷の木造建築の一室から、日本庭園をゆっくり眺めることができます。
・国民的映画「男はつらいよ」のセットが再現され、寅さんの生きた街を見ることができます。
所要時間
5.0h
プラン料金

プラン料金について

プラン料金はガイドの経費とotomoの利用手数料を含み、ガイド報酬と合算して請求されます。
JPY 10,340
最大人数
1~6
スポット紹介
・帝釈天参道商店街
・帝釈天題経寺
・矢切の渡し
・山本亭
・葛飾柴又寅さん記念館
注意事項
・たくさん歩くので動きやすい服装で来てください。
・ランチ(ディナー)スポットは含まれていませんが、休憩場所で食事は可能です。
・船は季節・天候によっては乗れない可能性もあります。また、小さな船に乗るので、冬場の防寒対策は忘れないようにしましょう。
当日発生する費用
以下はツアー費用に含まれません。
―交通費・施設利用料等(JPY 2,000
―食事代、お土産代、その他各スポットでの追加アクティビティにかかる費用
待ち合わせ場所

京成高砂駅改札前

プランをSNSでシェア