東京都 | 4.5h
圧巻の美術館や古い建築!日本人が作り上げてきた美を巡る旅
0.0/5.0

民芸や建築・文学まで、日本人の和心のルーツを体験しよう!

大都会・渋谷から電車で5分の駒場には日本最高峰の大学「東京大学」があることで知られていますが、観光にやって来る人は多くありません。
しかし、実は日本の職人技によって作られた民芸品を堪能できる美術館や、文学について学べる資料館、昔の和風邸宅や洋風の豪邸があり、歴史・文化・建築好きな東京都民がこっそりと訪れる場所なんです。
駅からの道のりには現代の大きな家が立ち並んでおり、観光地の賑やかさとは異なる、閑静な住宅街を散歩します。あまり知られていない、ローカルな日本を覗くことができますよ。
最後には東京ジャーミイという日本最大のモスクに訪れます。トルコ文化センターとして毎日トルコ人がやってきますが、門戸は誰にでも開かれています。内部はカラフルで美しい装飾がなされているので、神聖な場所を鑑賞ください。

見どころ

・日本の美が詰まった民藝館は由緒ある建物で、まるでドラマの中にいるようです。
・重要文化財の邸宅で畳に座り、日本庭園を見ながら穏やかな時間を過ごすことができます。
・日本の近代文学について、知識を深めることができます。
・東京大学のグッズ・全国の民芸品をお土産に買えます。

スポット紹介

・駒場野公園: 日本の近代農学発展の礎となった場所であり、ゆっくり過ごせる公園です。実は日本の近代の米作りは、ここから進歩が始まったのです。現在は自然豊かな公園として、市民の憩いの場所になっています。
・日本民藝館: 無名の職人たちが作った普段使いの工芸品を芸術としてとらえる、一風変わった美術館です。素朴な美しさを感じる陶磁器・織物、絵画などを多数収蔵しています。また建物自体も、和風の建築ながらも洋風のデザインを取り入れた独特の建物です。
・旧前田家本邸: かつて武士が暮らした、和風・洋風の建築を合わせ持つ邸宅です。洋館がありながらも日本式庭園や日本ならではの装飾がほどこされているなど、西洋式を取り入れる過渡期ならではの特徴があります。
・日本近代文学館: 日本の近代文学が120万点集められている博物館です。また中には雰囲気のよいカフェも併設されており、日本の文学作品に触れることができます。
・東京ジャーミィ: これまで日本の建築を見てきましたが、最後は何とモスクに訪れます。実は元々、日本人有志によって建てられた場所なんです。現在の建物は再建されたものですが、ため息が出るほど美しい建築です。

注意事項

・日曜、月曜、第4木曜、2・6月の第3週は「日本近代文学館」が休館のため、ルート変更の可能性があります。

当日発生する費用

以下はツアー費用に含まれません。
―交通費・施設利用料等(JPY 2,000)
―食事代、お土産代、その他各スポットでの追加アクティビティにかかる費用

待ち合わせ場所

JR渋谷駅ハチ公前

予約情報を入力してください
Adult - 
Child - 
予約方法を選択してください
Free tour insurance
Secure Payment
Share
Related Plans