東京都 | 5.0h
両国で日本の国技「相撲」文化に浸る
0.0/5.0

相撲の歴史、力士の生活・・・相撲のすべてを味わおう

相撲の街、両国。日本の相撲の中心である両国国技館では年3回の大会、幹部会議などが開かれるため、周辺には数多くの相撲部屋(大相撲の力士を養成する機関)があります。
そして両国の街全体に、相撲の歴史にまつわる場所や、力士の生活を垣間見られる場所が点在しています。大昔に相撲が行われていた神社、力士の生活用品を扱うお店、力士のソウルフードであるちゃんこ店・・・まさに町全体が相撲文化を支えているのです。もしかしたら、本物の力士にも会えるかもしれません!
相撲の聖地、で、相撲文化に浸る一日を過ごしてみませんか?

見どころ

・相撲ゆかりの地、相撲関連グッズのお店、力士のソウルフードなど、相撲文化を満喫できる!
・もちろん、相撲部屋にも立ち寄ります。本物の力士にも出会えるかも。

スポット紹介

・両国江戸NOREN: 飲食店や雑貨店のある建物の中央には、本物の土俵があります!イベントなども行われるので、お相撲さんに会うことができるかも!?
・両国国技館: 言わずと知れた、相撲文化の聖地。年三回の大相撲の興行はここで行われます。大相撲期間外は中に入って見学することができ、相撲グッズなどを購入できます。
・八角部屋: 大相撲の力士が住み込みで練習する場所を「相撲部屋」と呼びます。どんな場所なのか、外からのぞいて見ませんか?
・野見宿禰神社: 相撲に関する旅をするならこの場所は欠かせません。ここは相撲の起源とされる神社で、力士たちにとっても大変重要な場所です。
・岡田屋履物店: 力士用の大きな下駄や草履が売られているお店です。とても大きな草履に驚きを隠せない!
・ライオン堂キングサイズ用品店: 力士向けのビッグサイズの洋服が売られています。
・高はし: 力士が実際に使う、相撲に関する様々なグッズが売られています。ここでしか見られない商品を見てみましょう。
・回向院: 江戸時代に相撲の本場所として使われていた、元祖・国技館とも言うべき場所です。
・安美 両国総本店: 力士のソウルフード、ちゃんこ鍋がリーズナブルに味わえるお店です!
・江戸東京博物館:ドームのような巨大空間に、江戸の街並みが再現されている、日本屈指の博物館です!葛飾北斎が生きた江戸時代を探検してみましょう。体験ができるコーナーでは江戸の商人になりきることもできます!

注意事項

・たくさん歩くので動きやすい服装で来てください。
・ランチ(ディナー)スポットが含まれています。

当日発生する費用

以下はツアー費用に含まれません。
―交通費・施設利用料等(JPY 1,000)
―食事代、お土産代、その他各スポットでの追加アクティビティにかかる費用

待ち合わせ場所

JR両国駅西口改札前

予約情報を入力してください
Adult - 
Child - 
予約方法を選択してください
無料のツアー附帯保険
安全な決済
Share
Related Plans