新規のご予約について
新型コロナウイルスの影響を受け、現在新規のツアー予約の受付を停止しております。 旅行者の皆様にはご不便をおかけ致しますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
東京都 | 3.0h
自然、伝統、流行が入り混じる、清澄白河の街さんぽ
0.0/5.0

情緒あふれる町並みで有名な清澄白河に根付く新旧様々な文化に触れましょう


清澄白河は東京の下町の一つで、おしゃれな街として人気のエリアです。カフェの街、珈琲の街としても親しまれています。
その昔、清澄白河周辺のエリアは川と運河に囲まれており、船による物流が盛んだったこともあり商人をはじめ様々な人か住んでいました。
もっとも有名な清澄庭園をはじめ、江戸時代の趣を残した寺院や当時の生活を再現した資料館など文化的な側面の多い街である一方で、昨今ではおしゃれなカフェや都内で最新の現代美術館ができたこともあり新たな文化を醸成しています。
都会の喧騒から離れて、町の随所に残る伝統的な場所を散策したい、海外では見ることができない特徴的なカフェや現代アートをゆっくりと楽しみたいという方にはおすすめのプランです。

見どころ


・情緒あふれる庭園で自然を感じつつ、四季折々の景色や草花を楽しむことができます。
・歴史ある寺院で日本の伝統文化や歴史を感じることができます。
・2019年にリニューアルオープンしたばかりの美術館で国内外の様々なアートに触れることができます。
・国内屈指の資料館では、400年前の日本の姿をリアルに見ることができ、日本の歴史について学ぶことができます。

スポット紹介


・清澄庭園: 明治時代に完成した野鳥が生息する美しい日本庭園です。大きな池を中心にして、日本情緒豊かな建造物や、全国から集められた石、富士山を表現した築山などの見どころがあり、ゆったりとした時を過ごすことができます。
・浄心寺: 清澄白河の町並みに溶け込んだ、400年の歴史ある寺院です。江戸時代に建造されたこの寺院は、当時では珍しい古インド式の本殿があり他の寺院とは趣の異なる歴史背景を感じることができます。
・ブルーボトルコーヒー清澄白河フラッグシップ: まるで倉庫のような外観ですが、中に入るとそこには洗礼されたモダンで美しい空間が広がるカフェです。訪れる人への体験価値を追求した空間で、至極の一杯を堪能することができます。
・東京都現代美術館: 1995年にオープンののち、2019年にリニューアルされた現代美術専門の公立美術館です。日本の戦後美術を概観できる優れたコレクションを保有するこの美術館は現代美術を知るにはぴったりの場所です。
・深川江戸資料館: 実物大の江戸の町並みが再現された資料館です。八百屋、米屋、船宿、庶民の住居である長屋などが立ち並び、当時の生活様式を知ることができます。江戸時代にタイムスリップしたようなとっておきの体験をしましょう!

注意事項

・一部スポットが臨時休業の場合は、他のスポットへの変更を行うことがありますので、あらかじめご了承下さい。
・推奨される体験を全て行うと、総額で2,600円が必要となります。
(内訳 清澄庭園:150円、現代東京美術館:2,100円(特定の企画展のみの場合は1,400円、深川江戸資料館:400円)


感染症対策ガイドライン

当日発生する費用

・料金に含まれているもの:ガイド料金、ツアー付帯保険
・料金に含まれていないもの:交通費、入場料、食事代、お土産、体験費用
 (最低限必要な現金の目安:2,700円 / 人)

待ち合わせ場所

清澄白河駅 A3出口(地上)



予約情報を入力してください
Adult - 
Child - 
無料のツアー附帯保険
安全な決済
Share
Related Plans